山本はりきゅう整骨院

交通事故治療、むち打ち、腰痛、スポーツ障害、関節痛など【山本はりきゅう整骨院】

山本はりきゅう整骨院 > 診療案内 > 骨折

骨折

骨折について ~判断が難しい骨折の症状

骨折は骨が折れたり骨が傷ついた状態を言います。
何かにぶつけたりして骨に強い力が加わり骨折、また持続的に強い力が繰り返されて蓄積し骨折する「疲労骨折」という症状もあります。
突き指や捻挫だと思っても、実は骨折だったということもありえますので、自己判断せず不安に思ったらご来院下さい。

受診の前に ~骨折の応急処置

まず出血がある場合は真っ先に止血を行い、骨折の処置はその後になります。出血が無ければ患部が動かないように安静にします。
骨折は内出血でショック状態(気を失う・嘔吐する)に陥る場合もあるので、PRICES処置を行った後、医療機関へご来院下さい。

“PRICES”処置
P:保護(Protect)
R:安静(Rest)
I:冷却(Ice)
C:圧迫(Compression)
E:挙上(Elevation)
S:安定/固定(Stabilization/Support)
*以前は「RICE」でしたが近年は「PRICES」の6文字に増えてきています。

骨折の処置・リハビリが出来ます

骨折した状態をもとの位置に戻すことを「整復」と言います。
整復した箇所を、ギプス・シーネなどと呼ばれる固定材料で動かないようにする事を「固定」と言います。

山本はりきゅう整骨院では、患者様が症状を訴えている箇所を診せていただき、骨折または脱臼している可能性があると判断した場合、「整復」「固定」の処置を行います。
また、骨折後に筋肉をまったく動かさずにベッド上で安静にしていると、筋肉が減り元の元気な身体に戻るまでに長いリハビリが必要になります。
山本はりきゅう整骨院では骨折後のリハビリも、できるだけ早く痛みを取り、日常生活を送れるよう処置を行います。

※骨折後すぐご来院頂いた場合、レントゲン等の処置のため他の医療機関へ紹介状を書かせて頂くことがございます。

m山本はりきゅう整骨院での治療

患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせて治療をします。

手技治療
オリンピックトレーナー山本利幸の手技を基本としたスポーツマッサージ。
数多くの症例に基づいたマニュピレーション(筋や関節の治療に用いられる整体手技テクニック)を使用します。
鍼灸治療
痛みを和らげることを主体に、ツボに細い鍼を打つことで血流を良くします。
【効果】臓器やホルモンの調整・筋肉疲労・軟部組織・神経痛・打撲・捻挫・ストレス等心因性の痛みの緩和・自己改善力など
吸角(カッピング)
体のツボに吸着させた容器の中を真空状態にし、血行を促進させます。総院長が開発し実用新案も取得した山本はりきゅう整骨院オリジナルの器具を使用します。
【効果】新陳代謝の改善、筋肉のコリの緩和など
超音波療法
音の振動でマッサージ効果が得られます。骨折であれば治癒期間を3~4割早めます。
サッカーのデビット・ベッカム選手や野球の松井秀樹選手が骨折治療を受けたことでも注目されました。
【効果】痛みの緩和、関節を和らげる、治療促進、カルシウム沈着の再吸収など
干渉波療法
電気を使った音波による柔らかな刺激で、多重方向から神経を圧迫し筋肉を緩め、炎症を拡散します。
指先、手首、肘、靭帯など比較的難しい部位でも超音波が確実にとらえ、痛みの緩和や関節のこわばりに効果的に作用します。
SSP療法
別名「刺さない鍼」。ツボに置き、低周波通電を行うツボ表面刺激法です。
特に痛みのある患部に有効で、頚部痛・肩の痛み・腰痛・変形性質関節症の方などに使用します。
ウォーターベッド
ウォーターベッド型の温かいマットに仰向けになり、水の力で体に刺激をえます。
水の上に寝ている状態に近くなり、リラックス効果が得られ、筋肉の緊張を和らげることが出来ます。
ヘルストロン
体を安定した電界でやさしく包み込み、血液中のイオンバランスを調整します。
体調を整え、肩コリ・頭痛・不眠症・便秘などを改善します。
※不定愁訴(「頭が痛い」「疲労感がとれない」などの、なんとなく体調が悪いと自覚症状を訴えるが原因となる病気が見つからない状態)を改善する効果があります。
ゲルマニウム温浴
ゲルマニウムを溶かしたお湯に手足を浸し、体内の酸素を増やす効果があります。
脂肪や老廃物を汗と一緒に体外に出し、血液を浄化させ、新陳代謝の向上や自然治癒力の向上体質改善が期待できます。
1回20分でエアロビクス2時間と同じ位の効果が得らるとされています。