山本はりきゅう整骨院

交通事故治療、むち打ち、腰痛、スポーツ障害、関節痛など【山本はりきゅう整骨院】

山本はりきゅう整骨院 > 診療案内 > 肉離れ(挫傷)

肉離れ / 挫傷

肉離れとは? ~肉離れ・挫傷の原因について

肉離れのことを専門的に「挫傷」と言います。
準備運動を十分に行わなかったり、疲労の蓄積で筋肉の柔軟性が低下している状態などで急激な運動を行い、 筋肉の線維を損傷してしまうことで起こります。

ふくらはぎや、太ももの裏(ハムストリングス)に多い症状で、殿部などにも発生することもあります。

肉離れ(挫傷)の症状について

肉離れは筋肉に大量の出血が起きています。
重症度にもよりますが、ふくらはぎの肉離れを起こすと足を地面に付けただけでも痛みが生じます。 まずは、この出血を止めるように応急処置を行っていかなくてはいけません。

肉離れ(挫傷)の応急処置

ふとももの裏の筋肉(ハムストリングス)に肉離れが起きてしまった場合は、痛みが出ている箇所にアイシングを施し、そこに圧迫を加えます。
手のひらで圧迫してもよろしいですし、アイシングを止めるためのゴムバンドやラップなどでアイシングと同時に圧迫を加えても大丈夫です。
このとき、圧迫が強すぎると血流を完全に遮断してしまう恐れがありますので注意が必要です。

ここで、ポイントとなるのが応急処置をする際のケガをしてしまった方の姿勢です。
ハムストリングスを肉離れしている場合は膝を伸ばした姿勢で応急処置を施しましょう。
膝を伸ばした姿勢は、ハムストリングスに適度な緊張が生まれ、肉離れしてしまっている筋肉の傷口をふさぎ、止血効果を高めることができます。
他の筋肉でも同様に、その筋肉に少し緊張を持たせた状態で応急処置を行ってください。

肉離れ(挫傷)の治療は、山本はりきゅう整骨へ

急性期は応急処置を治療の中でしっかりと行います。
急性期が過ぎたものにおいては、肉離れを起こした部位が硬くなり柔軟性を落としてしまっているので、 手技療法、ストレッチ、超音波治療を行い再発を予防し、いち早く社会復帰ができる様に治療します。

m山本はりきゅう整骨院での治療

患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせて治療をします。

手技治療
オリンピックトレーナー山本利幸の手技を基本としたスポーツマッサージ。
数多くの症例に基づいたマニュピレーション(筋や関節の治療に用いられる整体手技テクニック)を使用します。
鍼灸治療
痛みを和らげることを主体に、ツボに細い鍼を打つことで血流を良くします。
【効果】臓器やホルモンの調整・筋肉疲労・軟部組織・神経痛・打撲・捻挫・ストレス等心因性の痛みの緩和・自己改善力など
骨盤矯正
オリンピックトレーナーが長年に渡り骨盤の研究を重ね考案した、山本はりきゅう整骨院オリジナルの手技です。
万病の元となる骨盤の歪みを正し、正常な姿勢にすることで身体の不調を取り除きます。
吸角(カッピング)
体のツボに吸着させた容器の中を真空状態にし、血行を促進させます。総院長が開発し実用新案も取得した山本はりきゅう整骨院オリジナルの器具を使用します。
【効果】新陳代謝の改善、筋肉のコリの緩和など
超音波療法
音の振動でマッサージ効果が得られます。骨折であれば治癒期間を3~4割早めます。
サッカーのデビット・ベッカム選手や野球の松井秀樹選手が骨折治療を受けたことでも注目されました。
【効果】痛みの緩和、関節を和らげる、治療促進、カルシウム沈着の再吸収など
干渉波療法
電気を使った音波による柔らかな刺激で、多重方向から神経を圧迫し筋肉を緩め、炎症を拡散します。
指先、手首、肘、靭帯など比較的難しい部位でも超音波が確実にとらえ、痛みの緩和や関節のこわばりに効果的に作用します。
SSP療法
別名「刺さない鍼」。ツボに置き、低周波通電を行うツボ表面刺激法です。
特に痛みのある患部に有効で、頚部痛・肩の痛み・腰痛・変形性質関節症の方などに使用します。
ウォーターベッド
ウォーターベッド型の温かいマットに仰向けになり、水の力で体に刺激をえます。
水の上に寝ている状態に近くなり、リラックス効果が得られ、筋肉の緊張を和らげることが出来ます。
ヘルストロン
体を安定した電界でやさしく包み込み、血液中のイオンバランスを調整します。
体調を整え、肩コリ・頭痛・不眠症・便秘などを改善します。
※不定愁訴(「頭が痛い」「疲労感がとれない」などの、なんとなく体調が悪いと自覚症状を訴えるが原因となる病気が見つからない状態)を改善する効果があります。
ゲルマニウム温浴
ゲルマニウムを溶かしたお湯に手足を浸し、体内の酸素を増やす効果があります。
脂肪や老廃物を汗と一緒に体外に出し、血液を浄化させ、新陳代謝の向上や自然治癒力の向上体質改善が期待できます。
1回20分でエアロビクス2時間と同じ位の効果が得らるとされています。

肉離れ(挫傷)の治療期間

軽度なものでも3~4週間、重度のものは1~2ヶ月ほどです。
完全に違和感が無くなり、柔軟性を取り戻すのにはすこし時間がかかりますので、常日頃から体のケアはしっかりと行っておくべきです。